Parallelsで仮想端末のWindowsへキー入力をそのまま送る

投稿者: | 2020年5月11日

母艦のMacではControl+SpaceをInput Sourcesの切り替えに割り当てています。仮想端末のWindowsとそこからのリモート接続先でもControl+Spaceを使いたいのですが、ParallelsがControl+Spaceを横取りしている設定がわかったので書いておきます。

ParallelsのPreferencesを開いて、上段のShortcuts、VIRTUAL MACHINESのWindowsへたどり着くと、右側のペインに表示されているProfileのところでショートカットのプロファイルを選択できます。私はParallelsでは特にショートカットを設定したくなかったので、何も設定されていないGenericを選択しました。これでショートカットを横取りされずにそのまま仮想端末へ送られるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です